投資で先物はどう使う?

日経225先物取引に関するホームページを見ていると、”ヘッジ”なる言葉をよく見かけるかと思います。
まず、先物取引は将来値段が変動するものに対して先に買い付けておくことを指すと説明しました。
ヘッジは、その将来の価格変動に伴う損失リスクを回避、もしくは軽減する方法を指し、ヘッジ取引と言います。
ヘッジ取引にも2種類があるので、ご説明しましょう。

●売りヘッジ
現在保有している原資産(日経平均株価)が、将来値下がりするリスクをヘッジすることです。

●買いヘッジ
将来、保有予定の原資産の値上がりリスクをヘッジすることです。


例をあげますと、保有している株式が相場の下落を予想したとすると、その株式を売却する代わりに株価指数先物取引で必要枚数を売り建てしておきます。
そうすると、保有株式の値下がりで受けた損失と先物取引の買戻しによる利益で相殺することができるという仕組み、これが”売りヘッジ”ですね。
日経平均銘柄の個別株を持っているという方は、なるべく損失を減らすよう、このように株式取引と日経225先物取引などの株価指数先物取引で同時に投資を行い、売りヘッジで危機を回避しているという方が多いみたいです。
初心者の方にはやや難しいですが、慣れてくるとむしろ売りヘッジをメインに取引を行っていくようになります。