値動きを予測するには?

日経225先物取引をしていると、必ず市況の分析を行う必要があります。
好きな銘柄だから、など主観で投資を行うよりも、利益を上げることができるかどうかで取引をしていかなければならないからです。

その分析の際に使われるのが、”テクニカル分析”というもの。
テクニカル分析とは、分かりやすく言えば株価の過去の値動きパターンから、将来の値動きを予想することです。
大学入試などでも、何年も前の過去問をさかのぼってたくさん解き、試験の時にどのような問題が出るのか(傾向を見つける)をだいたい予測だてることをすると思うのですが、似たようなものだと思ってください。

過去の傾向がわかることで、投資成績にも良い影響を与えると言われていますので、テクニカル分析は必ず行いたい投資のテクニックのひとつといえるでしょう。
投資初心者の方にとっては使いこなせる自信がないという方もいらっしゃるかと思いますが、テクニカル分析にも大学入試と同じくパターンがあります。
それさえ押さえることができれば、ぐっと値動きの予想がしやすくなるのでチェックしておいてくださいね。

テクニカル分析とともによく見られるワードに、”ファンダメンタルズ分析”なるものもあります。
こちらは政治や経済の影響からマーケットがどのように動くかを分析する手法です。
たとえば企業の財務状況、実態価値の分析などをもとに、長期的視点に立って投資を行うものだとも。
どちらも投資の参考になるものですから、使いやすいほうを選ぶとよいでしょう。

ちなみに、ニュース番組のコメンテーターなどでよく見かける「アナリスト」なる方々は、証券アナリストと言い、市場を分析して調査を行う仕事をしています。
経済全般を管轄分野としており、市場での価格決定はアナリストの投資判断によって大きく変動すると言われているそうです。