先物以外で指数へ投資する方法は?

日経225先物取引をするうえで、絶対に知っておかなければならないのが”証拠金”です。
先物取引を行うにあたって必要になるものになります。

実は、日経225先物取引は差金の授受のみで取引を進めていくため、代金の支払いなどがありません。
そのため、取引を担保するために証拠金が必要になるというわけですね。
もう少しわかりやすく説明しておくと、万が一投資をしていて損失が生じたときでも決済をすることができるようにあらかじめ預けておく補償金だと思ってください。
この証拠金さえ用意できれば、投資をスタートすることができるということになります。

ところで、差金決済取引(CFD)と似ているシステムと思った方、鋭いですね!
中身をじっくり知れば内容が違うのですが、大まかなところは類似しています。

また、日経225に絡めた投資方法でいえば、”上場投資信託(ETF)”というものもあるのでご説明しましょう。
こちらは投資信託の一種で、株価指数などの指標に連動するものです。
特に投資初心者に人気が高い投資が、「日経225連動型上場投信」。
こちらは、投資をしている商品の価格変動をきちんと把握することができるということが特徴でもあり、魅力です。
TOPIXがポイント制であるのに対し日経225は金額表示というのも、とっつきやすいと感じる方が多い理由のひとつでしょう。