SQってなに?

限月のページでもご紹介したのですが、日経225先物取引には期限があり、それは限月によって決められているということをご説明しました。
その満期日に、満期となった日経225先物はとある値によって決済されます。
それが、「特別清算指数」、「SQ(Special Quotation)」です。

日経225先物取引は株価指数先物取引であることはすでにご紹介しました。
現金による取引が行われていないこともあり、現物のない抽象的な指数が取引の対象となっています。
そのため、決済最終日にお金を払って現物を引き取るという取引ではありません。
決済期限がきますと、強制的に決済されてしまうということなので、その際に用いられる決算のための価格が、このSQなのです。

SQは株価指数先物取引の場合、3月、6月、9月、12月の第二金曜日が決算日となります。
そう、限月に決まるということですね。
この算出日をSQ算出日というので覚えておきましょう。

投資家の多くはこのSQの仕組みを利用し、株価指数先物取引(日経225先物取引など)と、株価指数オプション取引(日経225オプションなど)、現物取引(株など)を同時に行います。
そして、割安になっているほうを購入し、割高になっているほうを売却することで価格差が生じるため、それで利益を得る取引(裁定取引)をしているとのことです。