先物ってどんな仕組み?

まずは先物の仕組みに関して確認していきましょう。
先物投資をするうえで一番最初に覚えるべき内容なので、飛ばさないでくださいね!

最初に、先物取引とは。
簡単に説明すると、将来売買するということを現時点で約束する取引です。
現時点で約束しておくのは、
・売買価格
・数量
のみ。
そして、将来の売買日がきたときに実際の売買が行われます。

わかりやすい具体例をご紹介しましょう。

AさんとBさんは来年、結婚をすることになりました。
ジュエリーショップに行くと二人の好みが合致する30万円の結婚指輪を見つけます。
ですが結婚指輪を購入するお金を”今”持っていません。
来年ならAさんのボーナスが入るので、買うことができそうです。

とはいえ、実は貴金属は定価が決められておらず宝石や貴金属の市場価格で大きく変動します。
そのため、来年も30万円なら購入できますが、値上がりしていると購入は見送らなければならないでしょう。

そこで、AさんとBさんは本日ジュエリーショップに出向き、来年その結婚指輪を買うことを予約しました。
本日は手付金として代金の一部だけを支払い、来年のボーナスで購入することにしたのです。
結婚指輪そのものの価格は30万円と双方で決めましたから、来年の値上がりを心配することもなくなりました。

ここで、2つのケースについて想定してみましょう。

1.値上がりした場合
年を越したあと、貴金属の価格は35万円に値上がりしていました。
ですがあらかじめ予約しておいたので、支払うお金は30万円でOK。
つまり、店頭価格より5万円ほど安く買うことができました。

2.値下がりした場合
来年を迎えると、貴金属の価格は25万円に値下がりしていました。
ですがあらかじめ予約しておいたため、残念ながら予約の取り消しはできません。
そのため、30万円を支払って購入する必要があります。
予約せずに25万円で買えばよかったと思っても、これは仕方がありませんね。
店頭価格より5万円ほど多く支払って買います。

このように、将来の値上がり、値下がりを予測して取引することを、先物取引といいます。
この先物取引に関して解説を進めていきます。